コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆火 ぎゃっか backfire

翻訳|backfire

4件 の用語解説(逆火の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆火
ぎゃっか
backfire

煽火 (せんか) と反対の現象で,ガスの噴出速度よりも燃焼速度が速くなるか,燃焼速度は一定でも噴出速度が遅くなるかして,炎がバーナーに戻る現象をいう。原因として次のことが考えられる。 (1) 供給ガスの燃焼速度が速くなる,(2) 供給ガスの圧力が異常に低下したり,ノズル (噴出口) やコック (栓) などが詰ってガス量が極端に少くなる,(3) 1次空気のダンパー (空気調節器) が開きすぎて1次空気の吸収が多くなりすぎ,混合ガスの燃焼速度が速くなる,(4) バーナー部分が高温になり,そこを通るガスの温度が高くなって燃焼速度が速くなる,(5) バーナーが古くなり腐食によって炎孔が大きくなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さか‐び【逆火】

内燃機関で、弁の開閉時期や点火時期の不整のために、気筒から吸気管・気化器などへ炎が逆流すること。バックファイアー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぎゃっか【逆火】

さかび【逆火】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆火の関連キーワード偶奇性反語反対語反面メルロポンティ追口ムペンバ効果諸縒り賛否両論フィックの現象

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone