逆火(読み)ぎゃっか(英語表記)backfire

翻訳|backfire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆火
ぎゃっか
backfire

煽火 (せんか) と反対の現象で,ガスの噴出速度よりも燃焼速度が速くなるか,燃焼速度は一定でも噴出速度が遅くなるかして,炎がバーナーに戻る現象をいう。原因として次のことが考えられる。 (1) 供給ガスの燃焼速度が速くなる,(2) 供給ガスの圧力が異常に低下したり,ノズル (噴出口) やコック (栓) などが詰ってガス量が極端に少くなる,(3) 1次空気のダンパー (空気調節器) が開きすぎて1次空気の吸収が多くなりすぎ,混合ガスの燃焼速度が速くなる,(4) バーナー部分が高温になり,そこを通るガスの温度が高くなって燃焼速度が速くなる,(5) バーナーが古くなり腐食によって炎孔が大きくなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎゃっ‐か ギャククヮ【逆火】

〘名〙 火炎帯が爆鳴気体の上流方向にまで進行する現象。爆鳴気体の流速より燃焼速度が速い場合に起こる。バーナーなどでは筒の中まで炎が進入し、内燃機関などではシリンダーから吸気管、気化器の方に逆行することがある。バックファイア。

さか‐び【逆火】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android