コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不完全燃焼 ふかんぜんねんしょう incomplete combustion

3件 の用語解説(不完全燃焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不完全燃焼
ふかんぜんねんしょう
incomplete combustion

ガスの燃焼には十分な酸素と一定の温度が必要であるが,これらの条件が満足できず,酸化反応 (燃焼) が最後まで完結しないで反応途中の中間生成物 (一酸化炭素など) が発生している状態をいう。一酸化炭素は強い毒性をもつ物質で,中毒事故などを招くことになるので注意が肝要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふかんぜん‐ねんしょう〔フクワンゼンネンセウ〕【不完全燃焼】

[名](スル)
可燃物が、酸素不足のまま燃焼すること。有毒な一酸化炭素などを生じる。
(比喩的に)力を完全に出しきれないこと。思うような成果の得られないこと。「試合は―に終わった」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふかんぜんねんしょう【不完全燃焼】

( 名 ) スル
可燃性物質が不十分な酸素供給のもとで燃焼すること。その際、一酸化炭素や煤すすなどが発生し、発熱量も完全燃焼するときより小さくなる。 ↔ 完全燃焼
競技などで、持っている能力を出しきれず、悔いが残る状態。 「 -に終わった」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不完全燃焼の関連キーワード引火可燃可燃性可燃物寝不足緊急降下可燃塵生物学的酸素要求量低酸素欠症最大酸素負債量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不完全燃焼の関連情報