コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江南溟 いりえ なんめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入江南溟 いりえ-なんめい

1682-1769 江戸時代中期の儒者。
天和(てんな)2年生まれ。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなび,江戸で塾をひらいた。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)の藩士から入門者がおおく,秋田に徂徠学がひろまった。明和6年5月28日死去。88歳。江戸出身。名は忠囿(ただいく)。字(あざな)は子園。通称は幸八。別号に滄浪居士。著作に「大学養老篇」「唐詩句解」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

入江南溟

没年:明和2.5.28(1765.7.15)
生年:延宝6(1678)
江戸時代中期の漢学者。江戸の人。名は忠囿,字は子園,通称は幸八。南溟,滄浪居士と号す。荻生徂徠に師事,江戸で塾を開き講説を行った。終生仕えることがなかったが,秋田藩士に門人が多く,養子となって跡を継いだ入江北海も秋田藩の出であった。その著述には,唐詩を詩体ごとに分け注釈を施した『唐詩句解』や『礼記』の養老制度を初学のためにわかりやすく国字(かな)で解説した『大学養老編』などがある。また,同時代の出版物に多くの序,跋文が残り,その交友の広さと学芸壇での位置を窺い知ることができる。<著作>『南溟詩集』

(高橋昌彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

入江南溟の関連キーワード藤沢子山入江太華吉田薄洲熊坂台州小林西岳菊池桐江谷麓谷儒者天和

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android