コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊本赤なす

デジタル大辞泉プラスの解説

熊本赤なす

熊本県熊本市で生産されるナス。実は長く太く、果皮はやや赤みがかっており、果肉は柔らかで甘みがある。宮崎県在来種「佐土原ナス」が起源とされる。県により「くまもとふるさと野菜」に選定されているほか、熊本市により「ひご野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

熊本赤なす[果菜類]
くまもとあかなす

九州・沖縄地方、熊本県の地域ブランド。
主に熊本市・上益城郡御船町などで生産されている。熊本長なすとも呼ばれる。戦前から栽培されており、宮崎県在来の佐土原なすが改良されたものという。長く太い果実で、やわらかく甘みがある。11月から6月末にかけて出荷される。農家ごとに自家採種が続けられていたため、熊本県では系統の整理をおこなって、優良系統のヒゴムラサキを育成した。くまもとふるさと伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

熊本赤なすの関連キーワードひごむらさき熊本県熊本市

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android