コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐土原なす

デジタル大辞泉プラスの解説

佐土原なす

宮崎県宮崎市で生産されるナス形状は長いもの、短いものとさまざまで、果皮は薄紫紺色、肉質は緻密で柔らかく甘みが強い。加熱食に向く。江戸時代から栽培され、全国に流布して新潟や熊本などの在来種原種となった。一時期栽培が途絶えていたが、2000年代に伝統野菜として栽培を再開。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

佐土原なす[果菜類]
さどわらなす

九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
主に宮崎市佐土原地区で生産されている。江戸時代から佐土原藩で盛んに栽培されていたという。1980年代に栽培が途絶えたが、2001(平成13)年に復活。果色は濃紫色だが、夏季に気温が上昇すると退色しやすい。やわらかく、肉質は緻密。4月から11月に出荷される。焼きなす・天ぷら田楽などに適する。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

佐土原なすの関連キーワード宮崎県宮崎市熊本赤なす

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android