コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷茘斎 くまがい れいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷茘斎 くまがい-れいさい

?-1695 江戸時代前期の儒者。
熊谷活水(かっすい)の子。尾張(おわり)名古屋藩儒。詩,和歌,俳諧(はいかい)をたしなみ,北村季吟(きぎん),香川宣阿,南源性派(しょうは)らと親交があった。元禄(げんろく)8年8月1日死去。名は立閑。字(あざな)は茘墩(れいとん)。別号に了庵。著作に「性理字義」「太極図説」「勢陽遊紀」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

熊谷茘斎の関連キーワード熊谷活水儒者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android