コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香川宣阿 かがわ せんあ

3件 の用語解説(香川宣阿の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

香川宣阿

江戸時代前期・中期の歌人。名は景継・鄰善、号は宣阿・梅月堂。正矩の次男。京都の人。権大納言清水谷実業について学ぶ。歌学によって一家を興し、梅月堂流派の祖となる。著書に『草庵集』『梅月堂宣阿歌集』等がある。享保20年(1735)歿、90才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香川宣阿 かがわ-せんあ

1647-1735 江戸時代前期-中期の歌人。
正保(しょうほ)4年生まれ。周防(すおう)(山口県)岩国藩士。儒学を木下順庵らに,和歌を清水谷実業(さねなり)らにまなぶ。二条家流の地下の宗匠家梅月堂をおこした。有職(ゆうそく),兵学にも通じた。享保(きょうほう)20年9月22日死去。89歳。名は景継。通称は尭真。別号に梅月堂。著作に「草庵和歌集蒙求諺解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

香川宣阿

没年:享保20.9.22(1735.11.6)
生年:正保4(1647)
江戸前期から中期にかけての歌人。初名景継。歌号梅月堂宣阿。周防岩国(山口県岩国市)の人。京に出て阿野公業,白川雅喬王,清水谷実業らに師事。歌学のみならず儒学,有職,兵法にも通じた。父正矩の『陰徳太平記』を改訂出版したのはその好例。香川景樹に至る香川家(梅月堂)の祖として重要な位置にある。著書に『草庵和歌集蒙求諺解』(1723)など。家集に『水雲集』。<参考文献>笹川祥生・松田修『正徳二年板本 陰徳太平記』,渡辺隆一「歌人梅月堂宣阿」(『草庵集蒙求諺解本文と索引』),神作研一「初代梅月堂香川宣阿のこと」(『上智大学国文学論集』26号)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香川宣阿の関連キーワード円筒土器歌舞伎草子染色分体桃割れ縁かいな節活歴伊達模様伯庵奴島田池坊流