太極図説(読み)たいきょくずせつ(英語表記)Tai-ji-tu-shuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太極図説
たいきょくずせつ
Tai-ji-tu-shuo

中国,宋代の思想家周敦頤の著。宇宙間のすべての物 (現象) は無規定で,しかも唯一の「太極」を根源とし,背反,矛盾,調和,累積などの陰陽二気と五行の錯綜によって万物生成するという世界観とその思弁的理法とを体系化し,図式化した「太極図」につけられている論文。わずか 250字の論文であるが,戦国時代,特に漢代以来追究されていた万物の生成,展開の根本理法,いわゆる陰陽五行説を簡明に体系化している。またその自然理法における人間の優位,道徳実践の主体性を基礎づけているので,著者の人物,その著の『通書』と相まって,程朱学の形而上学的基本構造となり,特に朱子によって大いに推尊された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいきょくずせつ〔タイキヨクヅセツ〕【太極図説】

中国、宋代の哲学書。1巻。周敦頤(しゅうとんい)著。成立年未詳。宇宙の生成、人倫の根源を表すとされる「太極図」と、それに施した249字の解説からなる。のち、朱熹(しゅき)が「太極図説解」を著したため、朱子学の聖典とされた。→太極

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいきょくずせつ【太極図説】

中国、北宋の哲学書。一巻。周敦頤しゆうとんい著。陰陽五行説に基づいて万物の生成発展の過程を図示した「太極図」とそれに解説を加えた書。朱熹しゆきはこれを重視して「太極図説解」を著した。朱子学派の典籍の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太極図説
たいきょくずせつ

書名。中国北宋(ほくそう)の周敦頤(しゅうとんい)(濂渓(れんけい))著。「太極図」という一つの図と、その説明にあたる約250字の「説」とによって、宇宙万物の生成の過程を示し、あわせて人間のあり方を論じたもの。本書によれば、万物の根源は太極であって(太極は無極でもある)、太極は動・静の状態を繰り返し、動くときに陽の気が、静止するときに陰の気が生じ、その陰と陽との変化・結合によって水火木金土の五行を生じ、太極と陰陽・五行が渾然(こんぜん)融合して互いに結び付き、天地の分化に応じて男女(雌雄(しゆう)・牝牡(ひんぼう)を含む)が成立し、かくて万物が生出する。そして万物のなかでも人はもっとも優れた存在で、とくに聖人は中正なる人の道を確立したと説く。宋学の大成者、南宋の朱熹(しゅき)(朱子)は、太極を理と解して、これを基にして自己の理気哲学の理論を完成するとともに、本書を注解した『太極図説解』をつくってこれを表彰した。その結果、周敦頤は宋学の開祖と目されるようになった。なお本書は易(えき)の思想に基づくが、唐代以来、仏教・道教の方面で理論を図解して示すことがたびたび行われていて、本書はその様式を踏襲しているし、思想のうえでも道家ないし道教的な思考を継ぐ点のあることが指摘され、さらには『太極図説』を周敦頤の作ではないとする議論も後を絶たない。[末木恭彦]
『今井宇三郎著『宋代易学の研究』(1958・明治図書出版) ▽巨勢進他訳注『周濂渓』(『朱子学大系2 朱子の先駆 上』所収・1978・明徳出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たいきょくずせつ タイキョクヅセツ【太極図説】

中国の儒家書。一巻。北宋の周敦頤(とんい)撰。全文二五〇字で万物の生成を図示した太極図の解説。「易経」に陰陽五行説を採り、生成論から倫理説・修養論を説く。朱子に宋学の淵源と尊ばれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android