熟地(読み)じゅくち

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅく‐ち【熟地】

〘名〙 (「じゅくぢ」とも)
① こえた土地。ゆたかな土地。〔運歩色葉(1548)〕
※古活字本毛詩抄(17C前)五「麻をうゆるは、いかにも熟地をでうゆるげに候」 〔本草綱目‐草部・紅藍花・集解〕
② よく様子を知っている土地。⇔生地(せいち)
※日本外史(1827)二〇「要客兵於熟地、邀険而撃之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android