コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュク

デジタル大辞泉の解説

じゅく【熟】[漢字項目]

[音]ジュク(呉) [訓]うれる にる にえる なれる こなれる つらつら
学習漢字]6年
よく煮る。煮える。「半熟
果物や作物などがうれる。十分に成長する。「熟柿(じゅくし)完熟成熟早熟晩熟豊熟爛熟(らんじゅく)
物事に十分なれる。「熟達熟練円熟慣熟習熟老熟
十分に。よくよく。「熟考熟視熟睡熟読熟慮
[難読]熟寝(うまい)晩熟(おくて)熟(な)れ鮨(ずし)熟蝦夷(にきえみし)

つく‐づく【熟】

[副]
物事を、静かに深く考えたり、注意深く観察したりするさま。よくよく。じっくり。「寝た子の顔を(と)眺める」「(と)将来を考える」
物事を痛切に感じるさま。しんから。しみじみ。「(と)自分が嫌になる」「社会の厳しさを(と)感じる」
もの寂しく、ぼんやりしているさま。つくねん。
「―と臥したるにもやるかたなき心地すれば」〈紅葉賀

つら‐つら【熟/熟々/×倩】

[副]念を入れて物事を考えたり、見たりするさま。よくよく。つくづく。「―考えてみるに」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

宝酒造が製造・販売する焼酎の商品名。減圧蒸留の樽熟成酒と常圧蒸留の甕熟成酒をブレンドした本格麦焼酎。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

熟の関連キーワード駆け出し者・駆出し者特発性呼吸窮迫症候群低体重新生児熟カレーの日低出生体重児ネオテニー柿餻・柿糕ぽったり梶浦逸外飯無し鮨黄梅の雨煙火の食雌性先熟マチュア身の熟し過熟児宝酒造葡萄色若輩者和・熟

熟の関連情報