コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱ショック蛋白質 ねつショックたんぱくしつ heat shock protein

2件 の用語解説(熱ショック蛋白質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱ショック蛋白質
ねつショックたんぱくしつ
heat shock protein

細胞が平常より数℃から 10℃高い温度環境に急激にさらされると合成が誘導される蛋白質群。原核生物から高等真核生物まで動植物を問わず,熱ショック蛋白質の存在が確認されているが,その機能については未知な部分が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねつショック‐たんぱくしつ【熱ショック×蛋白質】

エッチ‐エス‐ピー(HSP)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱ショック蛋白質の関連キーワード温覚臨界温度高熱低温熱発超低温アンプリファイアーT細胞Q10値至適温度卵母細胞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone