コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱ショック蛋白質 ねつショックたんぱくしつheat shock protein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱ショック蛋白質
ねつショックたんぱくしつ
heat shock protein

細胞が平常より数℃から 10℃高い温度環境に急激にさらされると合成が誘導される蛋白質群。原核生物から高等真核生物まで動植物を問わず,熱ショック蛋白質の存在が確認されているが,その機能については未知な部分が多い。これらの蛋白質は熱ショックのほかにも生物体に有害な化学物質等によっても誘導され,少なくともその一部は劣悪な環境に生物が耐えるためのものであるとの見方もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

熱ショック蛋白質の関連キーワードストレス蛋白質シャペロニンHSP

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android