熱併給発電(読み)ねつへいきゅうはつでん

世界大百科事典 第2版の解説

ねつへいきゅうはつでん【熱併給発電 steam supply and power generation】

発電と熱の供給を組み合わせて行い総合的なエネルギー利用効率を高める方式で,熱電併給,コジェネレーションcogenerationともいう。例えば火力発電所で蒸気タービンを用いて発電機を駆動し,タービンの排気を利用して地域暖房を行う。ヨーロッパの都市では広く利用されており,各家庭に電力とともに暖房用の蒸気が発電所から供給される。日本では札幌厚別地区や練馬区光ヶ丘パークタウンなどにその例がある。また,蒸気を大量に使用する工場では自家用火力発電所をこのような方式にすることがよく行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android