厚板(読み)あついた

精選版 日本国語大辞典「厚板」の解説

あつ‐いた【厚板】

〘名〙
厚みのある板。木材、鋼板、板ガラスなど板状のものにいう。⇔薄板。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 厚い地の織物。経(たていと)は練糸、緯(よこいと)生糸を用いて、地紋を織り出した絹織物。女帯地を主とし、袋物などに用いる。厚板織。厚板物(あついたもの)厚絹。⇔薄板。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・傾城武道桜(1705)初「あつ板のしめに色どりて、女三の宮の立姿絵にもおよばぬ色くらべ」
能装束の一つ。厚板織の小袖物。模様の中の赤色の有無によって、紅入(いろいり)と紅無(いろなし)に分ける。色合や模様によって、いろいろな曲に用いる。多く男役の着付(下着)に用いるが、上着に用いる時もある。また、まれに厚板唐織といった、唐織模様のものもある。
シダ類ウラボシ科の多年草八丈島、紀伊半島以南の暖地で湿気の多い場所の岩上や樹上に生える。根茎はにはい、葉柄は硬く、褐色の鱗片を密生する。葉は長さ一〇~三〇センチメートルの長披針形で厚い。あついたしだ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「厚板」の解説

厚板
あついた

織物の名称の一つ。厚板(厚板織)とは特定の織物をさすのではなく、室町期以後、載された唐織(からおり)などの厚手の織物が厚手の板に巻かれていたことによる名称。それが国産化されたとき、平織の地(じ)組織に絵緯(えぬき)には練染(ねりぞめ)糸、金銀糸などを使って文様を織り出し、地搦(じがらみ)糸で部分的に押さえた地質の厚い織物につけられた。これは袋地、帯地などに使う。また能装束のなかで、男役、あるいは荒神鬼畜(こうじんきちく)の着付衣装にこの織物を用い、衣装名となっている。

[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「厚板」の解説

あつ‐いた【厚板】

厚みのある板。⇔薄板うすいた
厚地織物の一。生糸を横糸、練り糸を縦糸として、模様を織り出した絹織物。多く帯地に用いる。厚絹。厚板織り。
能装束の一。2の生地や唐織りを用いた小袖物。男体なんたいの着付けに用いる。
チャセンシダ科常緑、多年生のシダ。暖地の山林自生。葉には切れ込みがなくて厚く、長さ10~30センチ。葉柄は太く、褐色の鱗片りんぺんが密生。あついたしだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「厚板」の解説

厚板
あついた

能装束一種本来唐織 (からおり) ,縫 (ぬいはく) などと同様染織技法の名称であるが,能装束の固有名詞として使われる場合は,男役の着付けとする厚手で張りのある衣装をさす。通常は平織組織で練り絹をに,色糸を横にして文様を織出し,ときに金銀糸を組入れる。唐織ほど色糸の浮きを長くせず,固く織出される。

厚板
あついた

厚鋼板」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「厚板」の解説

厚板 (アツイタ)

学名Elaphoglossum yoshinagae
植物。オシダ科の常緑多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典 第2版「厚板」の解説

あついた【厚板】

織物の組織,また能装束の一つをいう。織物組織の場合,通例は平組織の地に多彩な色糸や金銀糸の絵緯(えぬき)を織り入れて,経糸の地搦(じがらみ)で押さえたもの。堅固な風合いをしめし,江戸時代後期から明治期には帯として盛んに用いられた。近世初頭中国から舶載された織物類は,主として板に巻きつけてあった。など重厚な織物は厚い板をにするところから厚板物と呼ばれた。また対照的に綸子(りんず)などは薄板に巻き,薄板物と称したという(《西陣天狗筆記》)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android