コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕栗園千寿 えんりつえん ちほぎ

美術人名辞典の解説

燕栗園千寿

江戸後期の書肆・狂歌作者。武蔵八幡の人。別号を石樹・栗園。江戸両国文会堂の養子となり、山田佐助と改める。燕栗園千穎の後を嗣いで、狂歌師として活動した。また版元として出版事業にも携わった。安政5年(1858)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

燕栗園千寿 ささぐりえん-ちほぎ

1804-1858 江戸時代後期の狂歌師。
文化元年生まれ。江戸両国の本屋文会堂の養子となり,出版事業をいとなむ。鹿都部真顔(しかつべの-まがお)にまなび,2代燕栗園をつぐ。「教訓御代の恩」などの戯作(げさく)もある。安政5年8月17日死去。55歳。武蔵(むさし)児玉郡(埼玉県)出身。姓は久米,のち山田。通称は佐助。別号に石樹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

燕栗園千寿の関連キーワード千種庵(3代)千種庵(4代)久米千寿

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android