コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕栗園千寿 えんりつえん ちほぎ

2件 の用語解説(燕栗園千寿の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

燕栗園千寿

江戸後期の書肆・狂歌作者。武蔵八幡の人。別号を石樹・栗園。江戸両国文会堂の養子となり、山田佐助と改める。燕栗園千穎の後を嗣いで、狂歌師として活動した。また版元として出版事業にも携わった。安政5年(1858)歿、55才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

燕栗園千寿 ささぐりえん-ちほぎ

1804-1858 江戸時代後期の狂歌師。
文化元年生まれ。江戸両国の本屋文会堂の養子となり,出版事業をいとなむ。鹿都部真顔(しかつべの-まがお)にまなび,2代燕栗園をつぐ。「教訓御代の恩」などの戯作(げさく)もある。安政5年8月17日死去。55歳。武蔵(むさし)児玉郡(埼玉県)出身。姓は久米,のち山田。通称は佐助。別号に石樹。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

燕栗園千寿の関連キーワード金鈴舎一宝千里亭藪虎袂広好萩花妻辺仁之无子三十字形言物事紀丸柳百朶米屋益盛四方山詠女

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone