片しゃぎり(読み)カタシャギリ

大辞林 第三版の解説

かたしゃぎり【片しゃぎり】

歌舞伎の下座の一。松羽目物や口上などの幕開き、大時代物の幕切れなどに用いる。太鼓・大鼓・小鼓・能管などを用い、太鼓を右ばちの片方で流す手法が特徴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android