コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゃぎり シャギリ

1件 の用語解説(しゃぎりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゃぎり

狂言囃子(はやし)で、めでたく、にぎやかな気分を表す笛の節。
民俗芸能で、風流(ふりゅう)の行列などが練っていく途中、笛・太鼓・鉦(かね)などで奏する囃子。
(「砂切」とも書く)歌舞伎囃子の一。太鼓・大太鼓・能管で一幕の終わるごとに奏される。最終幕の大切(おおぎり)には打たない。
寄席で、中入りのときに打つ太鼓。口上のときの幕開きにも使う。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のしゃぎりの言及

【歌舞伎】より

…能の囃子を襲用したもの。 シャギリ・砂切劇場習俗の囃子の一つ。〈着到シャギリ〉〈二番目シャギリ〉などシャギリ類の総称ともいえるが,普通に〈シャギリ〉といえば,幕切れのシャギリをいう。…

※「しゃぎり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しゃぎりの関連情報