コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片倉鶴陵 かたくら かくりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片倉鶴陵 かたくら-かくりょう

1751-1822 江戸時代中期-後期の医師。
寛延4年1月17日生まれ。医学を多紀藍渓に,儒学を井上金峨(きんが)にまなぶ。のち京都で賀川玄悦に産科学をまなび,江戸で開業。寛政7年(1795)「産科発蒙」をかいて西洋産科術を紹介した。文政5年9月11日死去。72歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。名は元周。字(あざな)は深甫。別号に静倹堂。著作はほかに「黴癘(ばいれい)新書」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

片倉鶴陵

没年:文政5.9.11(1822.10.25)
生年:宝暦1(1751)
江戸後期の産科医。世界で最初に係蹄法による鼻茸離断法を実施した。字は深甫,通称は元周。鶴陵は号。相模国(神奈川県)津久井郡生まれ。幼少のとき医師片倉周意の養子となる。12歳ごろ江戸に出て幕府医官多紀元孝(玉池)の学僕となり,元孝の子元悳(藍渓)から漢方を学び,文を儒者井上金峨に学ぶ。25歳のとき白銀町で開業したが,3年後火災にあい本石町に転居。この年京都に遊学して賀川玄迪から産科を学ぶ。江戸に帰ってから再び開業するが,天明6(1786)年に再び火災にあい本銀町に転居。寛政6(1794)年鼻茸手術を創始したりして,名医の評判高く,50歳のとき江戸城大奥の難産に呼ばれ治療した。官位のない町医が江戸城に招かれて治療に当たるのは極めて異例の事である。また町医が『黴癘新書』『傷寒啓微』『保嬰須知』『青嚢瑣探』『静倹堂治験』など多くの著書を出版しているのも珍しい。49歳で刊行した『産科発蒙』にはオランダの産科図や,イギリスの産科書から採った産科鉗子の図を載せ,日本で初めて産科鉗子の使用法を紹介した。<参考文献>森末新『将軍と町医―相州片倉鶴陵伝』

(蔵方宏昌)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片倉鶴陵
かたくらかくりょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

片倉鶴陵 (かたくらかくりょう)

生年月日:1751年1月17日
江戸時代後期の産科医
1822年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

片倉鶴陵の関連キーワード生年月日立野竜貞嶺春泰

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android