コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片側の膝の痛み かたがわのひざのいたみ

1件 の用語解説(片側の膝の痛みの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かたがわのひざのいたみ【片側の膝の痛み】

 膝は、腰についで負担のかかるところで、老化の影響をもろに受け、障害がおこりやすい部位です。
 その代表が変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)(「変形性膝関節症」)です。老化のために膝関節の中の変形が徐々にひどくなって痛むもので、スポーツなどで若いころに膝を酷使した人におこりやすいものです。
 正座、歩行を長時間続けたり、頻繁(ひんぱん)に階段を上り下りしたときに、膝が腫(は)れて痛みます。そのうちに、膝を曲げ伸ばししたときに、ぎしぎしと音がするようになり、水がたまって腫れてきます。
 近年、特発性骨壊死(とくはつせいこつえし)(「特発性骨壊死」)が原因の膝の痛みも増えてきています。
 初めは、夜寝ているときに膝が痛みますが、そのうちに歩いたりして膝に負担をかけると激しく痛むようになり、やがて変形性膝関節症へと進みます。
 病気の原因は不明ですが、常時、多量のアルコールを飲む人に発症することが多いといわれています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

片側の膝の痛みの関連キーワード葦垣の大船の玉襷剣太刀野老葛ところに真澄鏡心に掛かる詰まるところ出掛る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone