コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変形性膝関節症 へんけいせいしつかんせつしょうosteoarthritis of the knee joint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変形性膝関節症
へんけいせいしつかんせつしょう
osteoarthritis of the knee joint

関節関節軟骨の退行性変化による疾患。中・高年肥満した女性に多い。膝関節はれ,正坐ができない,階段下降がつらい,歩きはじめが痛いなどの症状がある。そのうち,に水がたまり腫れてくる。この段階になると正座,階段の昇降ができなくなり,次第にがに股から膝が曲ったまま伸びなくなる。関節に負担をかけないように肥満を避けること,大腿四頭筋を強化すること,運動をしたり長時間歩いたために膝に大きな負担がかかると思われるときにはサポータを使用する,などの注意が必要である。症状の強いときには,関節穿刺,ステロイド剤の関節内注入,消炎鎮痛剤投与などが行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

変形性膝関節症

膝関節の軟骨がすり減って関節が変形し、痛みが出る。初期は立ち上がりや歩き始めなど動作の始めに痛むだけだが、進行すると正座や階段の上り下りが困難になる。歩くことが難しくなり、寝たきりになる場合もある。男性より女性に多く、高齢者ほど罹患(りかん)率は高くなるという。治療では痛み止め薬を使ったり、関節内にヒアルロン酸の注射を打ったりする。それでも改善しない場合、人工関節に置き換える手術などを検討する。 厚生労働省の2008年の報告書では、国内の自覚症状がある患者は約1千万人、潜在的な患者は約3千万人と推定されている。

(2016-03-30 朝日新聞 朝刊 愛媛全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

へんけいせい‐しつかんせつしょう〔‐シツクワンセツシヤウ〕【変形性膝関節症】

膝関節の軟骨が摩耗・変形し、痛み・運動障害をきたす疾患。進行すると膝に滑液がたまったり、膝の屈曲歩行が困難になることがある。中高年の女性に発症することが多い。運動療法薬物療法のほかに、内視鏡を用いて痛みの原因となる軟骨を除去する関節鏡手術や、人工関節手術などの治療法がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家庭医学館の解説

へんけいせいしつかんせつしょう【変形性膝関節症 Osteoarthritis of the Knee Joint】

[どんな病気か]
 中高年の人の膝(ひざ)の痛みの原因としてもっとも多いもので、膝の関節の軟骨がすり減ったために、痛みがおこります。
 若いときに、関節内の靱帯(じんたい)が切れたり、半月板(はんげつばん)にひびが入って、二次的におこることもありますが、多くは原因がよくわからないまま、年をとるとおこってきます。
 男性よりも女性に多くみられる病気です。また、O脚(オーきゃく)の人で、膝の内側に体重がかかり、内側の軟骨がすり減ってしまうといったタイプが多くみられます。
[症状]
 最初のころは、動作のはじめ、とくに正座やいすから立ち上がるとき、歩き出すときなどに痛みが出るのが特徴です。
 しだいに、階段の昇り降りや、平地歩行でも痛みが出てきます。
 そのうちに、膝に水がたまって腫(は)れてきます。さらにひどくなると、膝の曲げ伸ばしのたびに、ギシギシ音がしたり、膝が曲がったまま、伸びなくなってしまうこともあります。
[治療]
 日常生活で注意することは、肥満の人は体重を減らすことと、膝の周りの筋肉を鍛えることです。
 膝に痛みがあると、膝をかばい、膝の周りの筋力がおちて、関節の安定性が悪くなり、さらに痛みも強くなるという悪循環をおこします。
 この悪循環を断つためには、体重をかけないで、膝の周りの筋力をつけることです。
 膝を伸ばして、脚の上げ下げを1度に80回、日に3度くり返す運動を続けることがたいせつです。
 O脚で、膝の内側に痛みのある人は、体重が膝の外側にかかるようにした靴の中敷を使うことも必要です。
 サポーターは、一時的にはよいのですが、長く使用すると膝の周りの筋力がおちることがあるので、注意が必要です。
 痛みが強いときは、消炎鎮痛薬(しょうえんちんつうやく)の内服や関節注射も有効です。
 関節注射には、ステロイド(副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン)剤とヒアルロン酸が用いられ、初期の症状に有効です。ヒアルロン酸は、軟骨の表面を保護したり、また、滑りをよくしたりします。
 ステロイド薬は、何回も注射すると、かえって膝を悪くすることがあるので使用にあたって注意が必要です。
 このような治療を続けても痛みがとれないときは、手術が必要になります。手術には、下腿(かたい)(膝から足首まで)の骨を切ってO脚を矯正(きょうせい)する手術と、人工関節に置き換える手術があります。
 また最近では、関節鏡という内視鏡で関節の中をよく調べ、関節内のごみ(はげおちた軟骨片(なんこつへん)など)を洗い流したり、ひびが入った半月板を削って関節がなめらかに動くようにするなど、大がかりでない手術もあります。
 どの手術を行なうかは、膝の変形の程度によって決まります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

変形性膝関節症
へんけいせいしつかんせつしょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

変形性膝関節症の関連キーワード十字靱帯損傷/側副靱帯損傷ヒアルロン酸ナトリウム続発性変形性関節症片側の膝の痛み遊離軟骨O脚座る

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

変形性膝関節症の関連情報