片利共生(読み)へんりきょうせい(英語表記)commensalism

翻訳|commensalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片利共生
へんりきょうせい
commensalism

偏利共生とも書く。共生する生物の片方だけが,その共生により宿主に害を与えることなく,なんらかの利益を得ている場合をいう。フジナマコカクレウオなどがその例とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

へんりきょうせい【片利共生】

一方が利益を受けるが、他方は利益も害も受けないような共生。ナマコとカクレウオ、樹木とその樹皮につく地衣類などの例がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片利共生
へんりきょうせい

生物の共生のうち、共生者の一方が生活上の利益を得、他方が利益も不利益も受けない関係をいう。すみ場所を得るすみ込み、相手の体表上に定住する着生、相手の移動力を利用する運搬などがある。[柳沢康信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

へんり‐きょうせい【片利共生】

〘名〙 一方だけが利益を受け、他方は利益も害も受けない共生。ナマコとカクレウオ、樹木と地衣類の関係など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の片利共生の言及

【共生】より

…ふつうには,2種間で両方または一方が利益を受けて,どちらも害を受けないような関係と定義されている。そして,両方がともに利益を受けるような関係を相利共生mutualism,一方のみが利益を受けるような関係を片(偏)利共生commensalismと呼ぶ。ただし,前者のみに対して共生という言葉を用いることもある。…

※「片利共生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android