コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山貫道 かたやま かんどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山貫道 かたやま-かんどう

?-? 幕末-明治時代の日本画家。
肥前平戸(長崎県)の人。父に狩野派の画をまなび,江戸で住吉弘貫(すみよし-ひろつら)に師事。平戸藩につかえる。維新後,東京にうつり,明治15年わが国最初の絵画共進会で「巨勢金岡(こせの-かなおか)賢聖障子を画く図」が入選。守住貫魚(もりずみ-かんぎょ)らとともに弘貫門下の逸材といわれた。名は尚彦。通称は忠助。別号に竹屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片山貫道の関連キーワード津端 道彦

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android