コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守住貫魚 もりずみ つらな

美術人名辞典の解説

守住貫魚

幕末・明治の画家。阿波生。初号は輝義・次いで定輝、字は士済、別号に回春斎・寄生軒等。渡辺広輝・住吉広定の門に入り画法を学ぶ。徳島藩主蜂須賀家に仕え、一橋家寝殿や徳島城の西の丸の障壁画、京都御所紫宸殿の賢聖障子等を手掛けた。歴史画・山水花鳥肖像画を能くする。帝室技芸員。明治25年(1892)歿、84才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守住貫魚 もりずみ-つらな

1809-1892 江戸後期-明治時代の日本画家。
文化6年7月11日生まれ。阿波(あわ)徳島藩の絵師。住吉弘貫(ひろつら)にまなぶ。明治13年大阪に移住。17年内国絵画共進会で「高綱宇治川先登図」「竜門」が金賞。帝室技芸員。明治25年2月26日死去。84歳。初名は輝義,定輝。字(あざな)は士済。通称は徳次郎。号は回春斎,寄生軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

守住貫魚

没年:明治25.2(1892)
生年:文化6.7(1809)
幕末明治の画家。阿波(徳島)藩の鉄砲方の子として生まれる。名は輝義,のち定輝。字は士斎,通称徳次郎。回春斎,寄生軒と号した。初め藩の絵師住吉派の渡辺広輝に学び,次いで江戸に出,幕府の御用絵師住吉広定の門に入る。天保9(1838)年藩の絵師として登用され,王朝文化に取材した作品を描いた。大坂に移住。明治17(1884)年第2回内国絵画共進会で金賞受賞,同23年第3回内国勧業博覧会に「舟上山図」「宇治川の先陣図」を出品,金牌を受け,同年帝室技芸員に任命され,日本画壇の重鎮となった。

(榊原悟)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

守住貫魚の関連キーワード守住 勇魚牧野 克次牧野克次守住勇魚明治時代守住周魚片山貫道没年

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android