片岡七郎(読み)かたおか しちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片岡七郎 かたおか-しちろう

1854*-1920 明治-大正時代の軍人。
嘉永(かえい)6年12月14日生まれ。明治10年海軍少尉となり,金剛・浪速艦長などをへて呉鎮守府艦政部長にすすむ。38年第一艦隊司令長官。43年海軍大将。大正9年1月2日死去。68歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

片岡七郎

没年:大正9.1.2(1920)
生年:嘉永6.12.14(1854.1.12)
明治期の海軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士片岡喜藤太の次男。海軍兵学寮を卒業後,明治10(1877)年少尉に任官。22年から伏見宮博恭王,山階宮菊麿王に随行してドイツへ留学,砲術など最新の兵学を学び,それはのちに砲術練習所長として後進の育成に当たる素地となった。帰国後,巡洋艦「金剛」の艦長として日清戦争へ出征して威海衛,澎湖諸島の攻略に成功。36年12月の軍制改革により連合艦隊が誕生,第1から第3の3個艦隊編成となると,片岡は第3艦隊司令長官に任じられた。日露戦争(1904~05)では巡洋艦「厳島」を旗艦として,旅順艦隊の掃討や哨戒作業など地味だが重要な職務を堅実に果たし,日本海海戦では別働隊となり,東郷平八郎率いる主力艦隊との挟撃態勢を作り上げてロシアのバルチック艦隊を壊滅に追い込んだ。この功績により戦後男爵を授けられ,第1艦隊司令長官へ昇進,43年大将。

(山崎有恒)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android