コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片平あかね

デジタル大辞泉プラスの解説

片平あかね

奈良県山辺郡山添村で生産されるカブ。細長い形状で先端まで赤く、甘酢漬けなどにして食する。名称は産地の集落名(片平集落)にちなむ。県により「大和野菜」に選定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

片平あかね[葉茎菜類]
かたひらあかね

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
山辺郡山添村片平集落の伝統野菜。戦前から片平の農家の自給野菜として栽培され、その栽培法は代々伝承により受けつがれてきた。日野菜の一品種で、根の先まで鮮やかな赤い色が特徴。間引き菜や蕪の部分は酢漬けに、若い葉はサラダに使われる。大和野菜に認証された時に、片平あかねと名づけられた。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

片平あかねの関連キーワード奈良県山辺郡山添村近畿地方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android