コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野菜

デジタル大辞泉プラスの解説

日野菜

滋賀県蒲生郡日野町で生産されるカブ。根の上部は紫紅色、下部は白く、形状は細長い。室町時代当地で発見された野生種で、地元では「あかな」ともいう。「緋の菜」の表記もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

日野菜 (ヒノナ)

学名:Brassica campestris subsp.rapa
植物。アブラナ科の一~二年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

日野菜[根菜・土物類]
ひのな

近畿地方、滋賀県の地域ブランド。
主に蒲生郡日野町・草津市などで生産されている。日野町鎌掛地区が発祥の地。いまでは九州・四国・近畿の各地方を始め、長野県や新潟県など広い地域で栽培されている。地元ではあかなと呼ばれ、いまでも多くの農家で栽培されている。細長く、葉は濃い紅紫色。日野菜を使った日野菜漬は、色が桜の花のように美しいため桜漬の名で親しまれている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

日野菜の関連キーワード滋賀県蒲生郡日野町緋のかぶら漬滋賀県甲賀市片平あかね伊予緋かぶ日野菜漬け川島令美近畿地方松阪赤菜桜漬け断ち物

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日野菜の関連情報