コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛原虚彦 うしはら きよひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牛原虚彦 うしはら-きよひこ

1897-1985 大正-昭和時代の映画監督。
明治30年3月22日生まれ。大正9年松竹蒲田(かまた)撮影所にはいる。初の監督作品は翌10年の「山暮るる」。15年渡米,チャップリンの製作助手をつとめる。戦後,日大教授,日活芸術学院院長。昭和60年5月20日死去。88歳。熊本県出身。東京帝大卒。本名は清彦。作品に「彼と東京」「陸の王者」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の牛原虚彦の言及

【活劇映画】より

…20年代に入って,ダグラス・フェアバンクス主演《奇傑ゾロ》(1920),《三銃士》(1921),《ロビン・フッド》(1922)がさらに決定的に活劇熱をあおり,模倣作品を続出させた。 当時の活劇スターとして,尾上松之助に次いで,島津保次郎監督《堅き握手》(1922)や牛原虚彦監督《狼の群》(1923)などの勝見庸太郎,日本版《奇傑ゾロ》といえる《抜討権八神出鬼没》(1924)などの市川百々之助,同じく《奇傑ゾロ》の模倣作《怪傑鷹》や《争闘》(ともに1924)で〈鳥人〉の異名をとった高木新平がいる。こうして23年から24年ころにかけて,活劇という映画形式は定着した。…

【日本映画】より

…だが,小山内薫の映画改革志向はたちまち松竹内部の商業主義派と対立し,小山内薫は新設の松竹キネマ研究所を任されて,独自に映画づくりを始めることになった。俳優学校から研究所へかけて,小山内薫のもとには,監督の村田実,牛原虚彦(きよひこ),島津保次郎,脚本・監督の伊藤大輔,脚本の北村小松,俳優の鈴木伝明(当時は東郷是也),沢村春子,南光明,英(はなぶさ)百合子などが集まった。こうした人材によってつくられたのが,松竹キネマ研究所の第1回作品《路上の霊魂》(1921)である。…

※「牛原虚彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牛原虚彦の関連キーワード三村 千代子野村 浩将北村 小松飯田 蝶子松竹(株)高階 哲夫三村千代子葛城 文子磯野 秋雄路上の霊魂石黒 達也実験映画昭和時代小山内薫田中絹代鈴木伝明日本映画城戸四郎渋谷実大映

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android