コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛繁縷 ウシハコベ

デジタル大辞泉の解説

うし‐はこべ【牛繁縷】

《「牛」は大きい意》ナデシコ科の越年草・多年草。田野や道端に生え、高さ約50センチ。茎は赤みを帯びる。葉は卵形で先がとがり、対生。初夏、白い5弁花をつける。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うしはこべ【牛繁縷】

ナデシコ科の越年草・多年草。葉は対生し広卵形で先端がとがる。茎の下部は地をはい、長さ50センチメートル 内外。初夏、白色五弁の小花を開く。ハコベに似るが、大形で茎は帯紫色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

牛繁縷 (ウシハコベ)

学名:Stellaria aquatica
植物。ナデシコ科の越年草,多年草,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone