牛虻(読み)ウシアブ

デジタル大辞泉の解説

うし‐あぶ【牛×虻】

アブ科の昆虫。体長約2.5センチ。体は扁平で灰黒色。牛や馬の血を吸う。幼虫は湿地に生活しミミズなどを捕食。近縁のアカウシアブを含めていうこともある。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うしあぶ【牛虻】

大形のアブ。体長2.5センチメートル 内外。体は灰褐色。胸部の背面に五つの白い縦条があり、腹部の各節中央に明瞭な三角形の紋がある。人畜の血を吸う。日本全土にみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うし‐あぶ【牛虻】

〘名〙 アブ科の大形のアブ。体長二センチメートル内外灰褐色ないし灰黒色で、背に黄色の三角斑が縦に並ぶ。七、八月頃現われ、人畜につきまとって吸血する。日本全土に分布。赤褐色のアカウシアブなどの近似種を含めていうこともある。
※和漢三才図会(1712)五三「虻(あぶ)〈略〉鹿虻 一名牛虻」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android