コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛蠅 ウシバエ

デジタル大辞泉の解説

うし‐ばえ〔‐ばへ〕【牛×蠅】

双翅(そうし)目ウシバエ科のハエ。体長約1.5センチ、黒色で胸部に4本の縦線がある。幼虫は牛の皮下に潜入して寄生する。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うしばえ【牛蠅】

ハエ目の昆虫。体長約1.5センチメートル。黄褐色で、腹部に数本の黒帯がある。幼虫はウシ・ウマの皮下に寄生し、蛹さなぎになる前に皮膚に穴をあけて出る。皮革の害虫。温帯に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

牛蠅 (ウシバエ)

学名:Hypoderma bovis
動物。ウシバエ科の昆虫

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

牛蠅の関連キーワード黄褐色腹部分布皮膚皮革温帯黒帯害虫