コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪積層 コウセキソウ

百科事典マイペディアの解説

洪積層【こうせきそう】

現世を除く第三紀以後の河川堆積物で未固結の礫(れき),砂,泥などの層。最初はヨーロッパで第四紀の氷河堆積物をさす言葉として用いられた。更新世の地層と同一に扱われる場合もあるが,この用法はまちがいである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

洪積層

diluvialという語は17世紀にすでにノアの水(the Deluge of Noah)に使用されていた.18世紀になって,洪水によって堆積したと信じられる粘土,礫,砂の堆積物にdiluviumが用いられた[Lyell : 1835].最後にPleistoceneの堆積物として分類され,英国ではdiluviumという語は使われなくなった.ロシアでは山の麓の傾斜地で未固結の堆積物にdiluviumが使用されている[Tomkeieff : 1983].一般的にはヨーロッパ大陸のPleistoceneの氷河時代の堆積物に対して用いられ,alluviumと区別される[Robert, et al. : 1983].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうせきそう【洪積層】

更新世に堆積した地層。更新統。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洪積層
こうせきそう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

洪積層の関連キーワードラノ・エスタカード西山(京都盆地)久世(京都府)十二貫野用水長者久保遺跡須賀川盆地豊山(町)宇治田原町牧之原台地甘南備丘陵精華(町)狭山丘陵静岡平野洪積台地近江盆地会津盆地京都盆地渥美半島上町台地津山盆地

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洪積層の関連情報