コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野大周 まきの だいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野大周 まきの-だいしゅう

1808-1883 江戸後期-明治時代の僧。
文化5年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)浄土真宗本願寺派大性寺の住持義諦(ぎたい),性海(しょうかい),行照に仏典を,杳旭(ようきょく)に宗学をまなぶ。慶応3年勧学となる。明治16年5月25日死去。76歳。美濃出身。字(あざな)は泡影。号は竹谷

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

牧野大周の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android