コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義諦 ぎたい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義諦 ぎたい

1771-1822 江戸時代後期の僧。
明和8年生まれ。越中(富山県)の人。浄土真宗本願寺派学僧三業(さんごう)惑乱といわれる宗義上の論争が鎮定されたのち,西本願寺御用僧となる。文化10年摂津三島郡(大阪府)慈明寺の住職となり,異義者の教導につくした。文政5年閏(うるう)1月17日死去。52歳。法名は智達。号は北峰,仏山。著作に「本願成就文講義」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

義諦の関連キーワード青蓮院宮尊証法親王第一義諦解深密経諸法実相牧野大周真俗二諦観宗義諦一本義第一義成実宗龍樹二諦真諦勝義

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android