コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野康哉 まきの やすとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野康哉 まきの-やすとし

1818-1863 江戸時代後期の大名。
文政元年11月17日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主牧野貞幹(さだもと)の次男。牧野康命(やすのぶ)の養子となり,天保(てんぽう)3年信濃(しなの)(長野県)小諸(こもろ)藩主牧野家9代。種痘の普及,窮民の救済,治水,産業振興など民政に力をいれた。奏者番をへて,安政5年若年寄となり大老井伊直弼(なおすけ)を補佐した。詩文,砲術など文武にすぐれた。文久3年7月11日死去。46歳。初名は貞明。通称は修橘,徳橘。遠江守(とおとうみのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

牧野康哉 (まきのやすとし)

生年月日:1818年10月17日
江戸時代末期の大名;若年寄
1863年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の牧野康哉の言及

【小諸藩】より

…1702年(元禄15)以降は牧野氏1万5000石で固定して10代つづき,年貢のうち5分の1の代金納と現物納分の上州松井田,倉賀野払いが定着し,40年(元文5)には幕府領にならって定免制を採用した。9代牧野康哉(やすとし)は財政改革や育児法,養老法,郷村復興仕法,種痘などの開明的施策で知られ,若年寄として幕閣に列した。【古川 貞雄】。…

※「牧野康哉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牧野康哉の関連キーワード本多忠直(2)生年月日牧野康済大名

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android