コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野康哉 まきの やすとし

1件 の用語解説(牧野康哉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野康哉 まきの-やすとし

1818-1863 江戸時代後期の大名。
文政元年11月17日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主牧野貞幹(さだもと)の次男。牧野康命(やすのぶ)の養子となり,天保(てんぽう)3年信濃(しなの)(長野県)小諸(こもろ)藩主牧野家9代。種痘の普及,窮民の救済,治水,産業振興など民政に力をいれた。奏者番をへて,安政5年若年寄となり大老井伊直弼(なおすけ)を補佐した。詩文,砲術など文武にすぐれた。文久3年7月11日死去。46歳。初名は貞明。通称は修橘,徳橘。遠江守(とおとうみのかみ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の牧野康哉の言及

【小諸藩】より

…1702年(元禄15)以降は牧野氏1万5000石で固定して10代つづき,年貢のうち5分の1の代金納と現物納分の上州松井田,倉賀野払いが定着し,40年(元文5)には幕府領にならって定免制を採用した。9代牧野康哉(やすとし)は財政改革や育児法,養老法,郷村復興仕法,種痘などの開明的施策で知られ,若年寄として幕閣に列した。【古川 貞雄】。…

※「牧野康哉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

牧野康哉の関連キーワード中島名左衛門梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席片井京助伊達宗城

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone