コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野忠雅 まきの ただまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野忠雅 まきの-ただまさ

1799-1858 江戸時代後期の大名。
寛政11年11月16日生まれ。牧野忠精(ただきよ)の4男。天保(てんぽう)2年越後(えちご)(新潟県)長岡藩主牧野家10代となる。奏者番,寺社奉行,京都所司代をへて,14年老中となり,ペリー来航など多事のとき老中首座阿部正弘(まさひろ)をたすけて海防,外交の任にあたった。安政5年8月23日死去。60歳。通称は鉄蔵。備前守(びぜんのかみ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

牧野忠雅の関連キーワード河井継之助牧野忠恭海防掛

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android