牧野貞勝(読み)まきの さだのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野貞勝 まきの-さだのり

1824-1841 江戸時代後期の大名。
文政7年1月18日生まれ。牧野貞幹(さだもと)の8男。兄貞一(さだかつ)の跡をついで,天保(てんぽう)11年常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主牧野家6代となったが,12年6月20日病没。18歳。公称は7月25日21歳で死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android