コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物仕/物師 モノシ

デジタル大辞泉の解説

もの‐し【物仕/物師】

物事をよく心得てする人。また、世事になれた人。巧者。
「いみじき―ぞ、まろは」〈落窪・一〉
裁縫で仕える女の奉公人。おものし。
「腰元、中居女、―を添へて」〈浮・胸算用・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

物仕/物師の関連キーワードポリビニルアルコールノースリトルロックきの字屋喜右衛門ジュリアおたあギブソンガール百万塔陀羅尼ハリスバーグ山城屋事件大般若転読勧農固本録市法貿易法キュジャス袖ガッパ素人庖丁市法売買カレンダコート奉公人刷毛機紙衣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android