コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理学主義 ぶつりがくしゅぎphysicalism

翻訳|physicalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物理学主義
ぶつりがくしゅぎ
physicalism

社会を物理学的な構成を有するものとみなし,その考察に物理学的方法を適用しようとする立場。一般に機械学派 mechanistic schoolと呼ばれる。 17世紀の T.ホッブズ,B.スピノザ,R.デカルトの社会観に由来し,この傾向を社会学において明確に示したのは,C-H.サン=シモンと A.コントである。サン=シモンは社会をニュートンの引力の法則に基づいて解釈しようと試み,またコントは進んで社会物理学の樹立を企て,その内部に静学と動学とを区別した (→社会静学・社会動学 ) 。これが,のちに彼によって新しい名称を与えられた社会学そのものである。方法論的には,ル・プレー学派もこれに含めることができ,またグループ・ダイナミックスの立場もこれにつながるといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

物理学主義の関連キーワードノイラート統一科学

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android