静学(読み)セイガク

デジタル大辞泉の解説

せい‐がく【静学】

時間的な要素や原因・結果の関係などを考えないで経済現象を分析する手法。→動学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいがく【静学】

時間的な要素や原因と結果の間の時間的関係などを考慮しないで経済現象を分析する方法。主に一定の与件のもとで繰り返し起こる経済過程を考察の対象とする。 ⇔ 動学

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の静学の言及

【経済動学】より

…経済諸変数の異時的因果関係によって生起する,時間の経過にともなう経済変動の特性を解明することを目的とする研究。これに対し経済静学economic staticsは,ある時点または1単位期間における経済の均衡状態(短期均衡),あるいは時間を通じて不変な状態,いわゆる定常状態(長期均衡)の特性を明らかにしようとする。たとえば国民総生産(GNP)についていえば,固定資本は労働人口などとともに国民総生産に影響を及ぼす重要な要因であるが,固定資本設備の建設期間は長いので今年度の投資は直ちには生産力として稼働しえない。…

※「静学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静学の関連情報