コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物類品隲 ぶつるいひんしつ

1件 の用語解説(物類品隲の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶつるいひんしつ【物類品隲】

江戸中期の博物学書。平賀源内著。1763年(宝暦13)刊。平賀源内が師の田村元雄とともに1757年以来,5度にわたって開いた薬品会(物産会)の出品物,合計2000余種のうちから主要なもの360種を選んで,産地を示し解説を加えたもの。本文4巻,産物図絵1巻,付録1巻,計6巻からなる。第5巻の産物図絵は本文の中から珍品36種を選んで図示する。付録の第6巻は朝鮮人参および甘蔗の栽培法と精糖法を述べたもので,朝鮮人参および砂糖は海外の輸入に頼っていたので,自給により国益に資するというのが付録の目的であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

物類品隲の関連キーワード秋田蘭画ゲスナー源内焼志度田村藍水源内源内櫛志度焼堺屋源吾松田長元

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone