コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別協定 とくべつきょうてい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特別協定
とくべつきょうてい
special agreement

侵略行為などに対して、国連の安全保障理事会が軍事的強制措置をとる場合、加盟国から兵力の提供を受けなければならないが、そのため国連憲章第43条は、あらかじめこれに備えて、安全保障理事会が加盟国との間で協定を締結しておくべきことを規定している。この協定を国連憲章では特別協定とよんでいる。いいかえれば、加盟国は特別協定に従って、その範囲内で軍事的措置への参加を義務づけられる。このようにして構成されるのが、本来の意味での国連軍である。しかし、五大国の参謀総長からなる軍事参謀委員会は、かつて米ソの対立のためこの協定の草案の作成に失敗し、1947年中間報告を提出するにとどまった。以来今日まで特別協定の締結は棚上げされたままである。[石本泰雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特別協定の関連情報