コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬井貞恕 いぬい ていじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬井貞恕 いぬい-ていじょ

1620-1702 江戸時代前期の俳人。
元和(げんな)6年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)の人。安原貞室の門人で,寛文3年(1663)椋梨(むくなし)一雪が貞室の「正章千句」を論難すると,翌年「蠅打(はえうち)」を刊行して応酬した。元禄(げんろく)15年3月4日死去。83歳。名は重次。号は一嚢軒。通称は二(次・治)郎兵衛。姓は乾ともかく。編著に「新玉海集」「謡曲拾葉抄」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

犬井貞恕の関連キーワード十三陵ウィリアム岩村藩アン女王ウィリアムアン戸田茂睡万暦帝プリマスドゥラード

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone