犬井貞恕(読み)いぬい ていじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬井貞恕 いぬい-ていじょ

1620-1702 江戸時代前期の俳人。
元和(げんな)6年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)の人。安原貞室の門人で,寛文3年(1663)椋梨(むくなし)一雪が貞室の「正章千句」を論難すると,翌年「蠅打(はえうち)」を刊行して応酬した。元禄(げんろく)15年3月4日死去。83歳。名は重次。号は一嚢軒。通称は二(次・治)郎兵衛。姓は乾ともかく。編著に「新玉海集」「謡曲拾葉抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android