コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬井貞恕 いぬい ていじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬井貞恕 いぬい-ていじょ

1620-1702 江戸時代前期の俳人。
元和(げんな)6年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)の人。安原貞室の門人で,寛文3年(1663)椋梨(むくなし)一雪が貞室の「正章千句」を論難すると,翌年「蠅打(はえうち)」を刊行して応酬した。元禄(げんろく)15年3月4日死去。83歳。名は重次。号は一嚢軒。通称は二(次・治)郎兵衛。姓は乾ともかく。編著に「新玉海集」「謡曲拾葉抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

犬井貞恕の関連キーワード青木春澄木畑定直藤本貞清貞恕

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android