コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬塚印南 いぬづか いんなん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬塚印南 いぬづか-いんなん

1750-1814* 江戸時代中期-後期の儒者。
寛延3年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩士犬塚純則の子。江戸の昌平黌(しょうへいこう)でまなび,員長となる。寛政の末ごろ江戸本郷に私塾をひらいた。文化10年閏(うるう)11月12日死去。64歳。名は遜。字(あざな)は退翁。通称は唯助。著作に「昌平志」「文翰拠依」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

犬塚印南の関連キーワード儒者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android