コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂歌咄 きょうかばなし

世界大百科事典 第2版の解説

きょうかばなし【狂歌咄】

仮名草子。5巻5冊。浅井了意作。1672年(寛文12)刊。武藤西察版下書。〈つれつれなるまゝに庇の簾にむかひてこゝらにうたひゆく世になしことをそのわけもなく聞つくれはあだしうこそ物さはかしけれ〉と《徒然草》を模した序文で始まる本書は,狂歌を話の中心に据えた逸話集である。柿本人丸,小野小町らの歌や,古書に見られる歌とそれをもととする狂歌,また当代の狂歌を含む笑話が主であるが,〈誹諧躰〉の定義を述べたりする歌論書めく部分もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の狂歌咄の言及

【曾呂利新左衛門】より

…本姓は杉本または坂田氏,甚右衛門,彦右衛門と名のり,刀の鞘師を業とし,鞘に刀がソロリと入ることから〈曾呂利〉と呼ばれたという。茶人であり,頓智頓才をもって秀吉の寵遇を得たことが《岩淵夜話》《半日閑話》《曾呂利物語》《曾呂利狂歌咄》《曾呂利怪談咄》などにより伝承されている。《堺市史》に屋敷跡があるといい,1591年(天正19)に没したとか1603年(慶長8)没とかいわれるが伝記不詳。…

※「狂歌咄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狂歌咄の関連キーワード曽呂利新左衛門曾呂利新左衛門仮名草子笑い話

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android