コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾呂利新左衛門 そろり しんざえもん

6件 の用語解説(曾呂利新左衛門の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

曾呂利新左衛門

安土・桃山時代の諧謔家。和泉生。刀の鞘師を業とし、小口に刀を差入れるとよくソロリと入るのでこの名を称したという。豊臣秀吉に仕えたが、話上手でその頓智咄は広く民衆にも親しまれた。また香道や茶道にも通じたというが、実在は不明とされる。慶長8年(1603)歿か。享年不詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

曾呂利新左衛門【そろりしんざえもん】

豊臣秀吉に仕えて頓智(とんち)頓才で喜ばれ,和歌,狂歌,茶の湯にすぐれ,奇行に富む人物として知られる。堺の刀の鞘師(さやし),本姓は杉本(坂田とも),名は甚右衛門などとも伝えるが,実在人物かどうか不明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾呂利新左衛門 そろり-しんざえもん

?-? 織豊時代の刀の鞘師(さやし)。
貞享(じょうきょう)元年(1684)刊の「堺鑑」によると,話上手なことから豊臣秀吉の伽衆(咄(はなし)衆)にくわえられ,頓知頓才で愛されたという。茶人で詩歌にすぐれたともいわれるが,実在したかどうかはあきらかでない。「曾呂里狂歌咄」などにその逸話がつたえられている。
【格言など】猿が殿に似ているのです(秀吉に「余の顔は猿に似ておるか」とたずねられて)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

曾呂利新左衛門

生年:生没年不詳
豊臣秀吉の御伽衆(御咄衆)といわれる人物。本名は杉本または坂内氏といい,通称は惣八,新左衛門,甚右衛門,あるいは宗拾,伴内などと号したともいう。が,実伝は明らかではない。『堺鑑』によれば泉州堺の鞘師で,細工に妙を得,刀の鞘口がソロリと合うので「鼠楼栗」の異名があった。咄巧者であったため秀吉に召し出されて御伽衆に加えられ,関白豊臣秀次邸にも出入りしたという。志野流の香技を身につけ,千利休に茶の湯を学んだとも伝えられる。『甲子夜話』『閑窓瑣談』『皇都午睡』などの江戸時代の随筆は,おどけ咄の巧者,狂歌の名手としてその逸話を伝え,秀吉との機知に富んだ応酬はしばしば講談や滑稽談にも語られている。即興歌の褒美に秀吉の耳を嗅ぐという奇妙な特権を得た新左衛門が,その所作を秀吉への耳打ちと信じた大名から付け届けをせしめる「耳嗅ぎ」などが特に有名。『堺市史』には関係史料としての逸話とともに,新左衛門の本名という坂内宗拾の書状を紹介している。ただし,この両者が同一人物だという確証はない。

(二木謙一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そろりしんざえもん【曾呂利新左衛門】

泉州堺の人で,豊臣秀吉の御伽衆(おとぎしゆう)だったといわれるが不明。生没年不詳。本姓は杉本または坂田氏,甚右衛門,彦右衛門と名のり,刀の鞘師を業とし,鞘に刀がソロリと入ることから〈曾呂利〉と呼ばれたという。茶人であり,頓智頓才をもって秀吉の寵遇を得たことが《岩淵夜話》《半日閑話》《曾呂利物語》《曾呂利狂歌咄》《曾呂利怪談咄》などにより伝承されている。《堺市史》に屋敷跡があるといい,1591年(天正19)に没したとか1603年(慶長8)没とかいわれるが伝記不詳。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曾呂利新左衛門
そろりしんざえもん

安土桃山時代の鞘師。豊臣秀吉の御伽衆として和歌,茶の湯にすぐれていたという。講談中の人物として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の曾呂利新左衛門の言及

【香道】より

…道具の共有(帛紗(ふくさ),地敷(じしき),棚,札),様式の等同(十種香と十種茶)はいうに及ばず,茶人にとって香は茶の一部であった。紹鷗,宗易(千利休),津田宗及,山上宗二は武辺隆生(建部隆勝)に香を学び,宗易は宗二に〈香ノ事ハ坂内宗拾(曾呂利新左衛門)ニ問ベシ〉と語ったという記述が《山上宗二記》にみられる。そのほか《南方録》にも茶の記述のみならず,香木・香炉など香に関しての詳細な記載がある。…

※「曾呂利新左衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

曾呂利新左衛門の関連キーワード小寺休夢桑山宗栄豊臣秀吉岩上通り咄衆豊臣秀吉の朝鮮出兵稲葉重通滝川雄利御咄衆