コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐色 きつねいろ

色名がわかる辞典の解説

きつねいろ【狐色】

色名の一つ。イヌ科キツネの毛の色を表す薄いだいだいっぽい腹の方ではなく、背の濃い毛の色。料理でいう「こんがりと狐色になるまで炒める」という表現に代表される色合い。洋名の訳語を除き、日本の伝統色名は植物が多く、動物の色名は珍しい。よく知られるのはほかに鼠色くらい。鳥ではうぐいす烏羽色雀色とびひわ真鴨色などがある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きつね‐いろ【×狐色】

狐の毛のような薄い茶褐色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きつねいろ【狐色】

狐の毛色に似た、黄みの強い茶色。パン・餅などのほどよく焼けた色にいう。きつね。 「こんがりと-に焼く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狐色の関連キーワードハシグロヒタキ黄み毛色赤狐色名訳語

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android