コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐薊 キツネアザミ

デジタル大辞泉の解説

きつね‐あざみ【××薊】

キク科の越年草道端などに生え、高さ60~90センチ。葉は羽状に深く裂けていて、裏面に白い綿毛が密生。春から初夏、紅紫色の頭状花を上向きに開く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きつねあざみ【狐薊】

キク科の越年草。路傍・田などに生える。高さ約80センチメートル。葉は羽状に深裂、下面に白綿毛を密生する。晩春、枝端にアザミに似た淡紅紫色の小頭花をつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

狐薊 (キツネアザミ)

学名:Hemistepta carthamoides
植物。キク科の越年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

狐薊の関連キーワードアザミ下面路傍深裂晩春

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android