狩猟免許

  • しゅりょうめんきょ
  • しゅりょうめんきょ シュレフ‥
  • しゅりょうめんきょ〔シユレフ〕

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

散弾銃とライフル銃が使える第1種銃免許空気銃が使える第2種銃猟免許▽わな猟免許網猟免許の4種類がある。鳥獣に関する知識の試験視力聴力・運動能力の適性試験、技能試験を受けて合格すると取得できる。猟をするためには都道府県への「狩猟者登録」も必要。

(2019-12-17 朝日新聞 朝刊 富山全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

鳥獣保護法〉に基づき狩猟を行う者が得なければならない免許。都道府県知事が免許を行い,狩猟免状を交付する。狩猟方法により甲の3種類の免許があり,全国各地で有効である。実際に狩猟を行うには,さらに狩猟者登録を受けねばならない。なお狩猟者登録を受ける者には入猟税と狩猟者登録税が課せられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 定められた一定の狩猟を行なうことができる免許。狩猟の用具によって甲、乙、丙の三種がある。都道府県知事によって交付される。
※狩猟法(1918)四条「狩猟免許を交付す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狩猟免許の関連情報