コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩猟法 シュリョウホウ

デジタル大辞泉の解説

しゅりょう‐ほう〔シユレフハフ〕【狩猟法】

明治28年(1895)、狩猟規則(勅令)の廃止に伴って制定された法律。猟具猟法・狩猟免許・鳥獣保護について規定。大正7年(1918)に全部改正。昭和38年(1963)「鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律」に名称変更。鳥獣保護法の前身。
「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」(鳥獣保護法)の通称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

狩猟法【しゅりょうほう】

鳥獣保護法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の狩猟法の言及

【鳥獣保護法】より

…鳥獣保護事業を実施し,狩猟を適正化することにより,鳥獣の保護繁殖,有害鳥獣の駆除および危険の予防を図り,生活環境の改善および農林水産業の振興に資することを目的とする法律。1963年〈狩猟法〉(1918年制定)を大幅に改正し,その際にこの名称に変更された。におもな内容は次のとおりである。…

※「狩猟法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狩猟法の関連キーワードヘッドヘッド・スマッシュト・イン・バッファロー・ジャンプ鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律オースティン オリバー狩猟者登録税・入猟税プレトリア国立動物園モンゴロイドキツネ狩り鳥獣保護区ガン(雁)県鳥・県獣オースチンアザラシ鳥獣保護動物保護かすみ網コベット保護鳥鳥料理