コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野久 かのう ひさし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野久 かのう-ひさし

1933- 昭和後期-平成時代の日本史学者。
昭和8年8月5日生まれ。昭和38年奈良国立文化財研究所にはいり,平城宮跡,飛鳥(あすか)藤原京跡の発掘調査部長をへて,61年文化庁主任文化財調査官となる。平成3年岡山大教授。のちに京都橘女子大学教授。古代都城や木簡などを研究。稲荷山古墳出土の鉄剣銘を解読したひとり。北海道出身。京大卒。著作に「木簡」「日本古代の国家と都城」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野久の関連キーワード東大寺山古墳飛鳥浄御原宮赤塚 自得赤塚自得吉野宮横大路高橋氏