コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野旭峰 かのう きょくほう

1件 の用語解説(狩野旭峰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野旭峰 かのう-きょくほう

1832-1925 幕末-明治時代の漢学者,新聞人。
天保(てんぽう)3年生まれ。狩野良知の弟。江戸で藤森弘庵らに師事し,出羽(でわ)久保田藩(秋田県)の江戸藩邸日知館の教授となる。明治7年秋田県初の新聞「遐邇(かじ)新聞」の創刊にかかわり,のち主幹をつとめた。大正14年2月1日死去。94歳。出羽大館(秋田県)出身。名は良貴。通称は徳蔵。著作に「出羽風土記」「戊辰(ぼしん)出羽戦史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

狩野旭峰の関連キーワード綿引東海岡田聿山河合盛温近藤瓶城芝田友鶴高橋篤内藤耻叟北条角麿村上一策横山徳渓

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone